お知らせ

特定外来生物オオヒキガエル捕獲

 6月9日、西表島の上原港でオオヒキガエルが発見され、13日に捕獲されました。体長約14㎝のメスの個体です。 オオヒキガエルは本来そこにいた生き物(在来種)に影響を与えるおそれがあるため、特定外来生物に指定されています。  西表島でオオヒキガエルが発見されたのは、2017年以来3年ぶりのことになります。今回のオオヒキガエルは、資材...

ズグロミゾゴイが保護されました

 2020年5月24日、西表島の大原集落で、交通事故に遭ったズグロミゾゴイが保護されました。  レントゲン検査の結果、右羽の橈骨と尺骨を骨折しており、保護治療を行っています。 発見されたのが朝であったこと、ズグロミゾゴイが夜行性であることから、夜間に事故に遭った可能性があります。 夜間は見通しが悪く、速度の...

「ボタンウキクサ」駆除 -PV活動-

 4月4日(土)、パークボランティアのみなさんと祖納のため池に繁茂している特定外来生物の「ボタンウキクサ」の駆除活動を行いました。ボタンウキクサとはアフリカ原産のサトイモ科の浮草で、水面を覆い尽くして光を遮ることで、他の植物の光合成を阻害します。他地域では、水生植物のトチカガミ群落が消滅寸前に追い込まれるなど、在来植物の生育を脅か...

外来種「ロシアリクガメ」が保護されました

2月下旬、上原港近くで、”本来西表島に生息するはずのないカメ”が保護されました。どうやら、ペットだったカメが飼い主さんに飼育を放棄されてしまったようです。一先ず、当センターで保護をしていますが今後は新しい飼い主さんを募集する予定です。外来種は、在来の種と交雑(まざる)ことで、生態系に重大な影響を及ぼします。ちなみに、西表島に生息す...

インターンシップを受け入れました。

1月20日から24日までの5日間、当センターにて大学院生のインターンシップを受け入れました。インターンシップ受け入れは本年度に入って3人目になります。 今回お越しいただいた信州大学の井上恵輔さんから、メッセージが届きましたので以下にご紹介します♪ ___________________________________ 西表自然保護官事務所お...

カンムリワシ交通事故発生 2020年1件目

2020年1月19日 西表島の高那(ユツン)県道で交通事故に遭ったカンムリワシ1羽が保護されました。口腔内からの出血がありレントゲンの結果、左翼の尺骨と橈骨が骨折していました。保護直後はやや抵抗もしていましたが、内臓も損傷しているのか徐々に元気がなくなってきています。 付近では、2018年に3件、今回の1件で4羽が犠牲になっており、目に見え...

草刈り実施報告[イリオモテヤマネコ保護基金]

竹富町地域おこし協力隊の井上です。この度、第二回目となる竹富町イリオモテヤマネコ保護基金を活用した県道沿いの草刈りを実施しました。本作業は12月21日と25日に浦内川展望台から干立集落までの県道沿いにて行いました。9月に実施した区間と同じ場所でしたが、この3か月ほどですっかり雑草が伸びてしまっていました。参加者は以前より少なかったですが、みなさまのお陰で綺麗...

ツダナナフシ 孵化

みなさん こんにちは 保護センターで飼育中のヤエヤマツダナナフシですが、飼育ケース内へそのままにしていた卵が無事に孵りました。現在、成虫の飼育ケース内に幼虫が2匹います。 成虫は全身が緑色ですが、幼虫は黄色の頭部に黒目と体色はアダンの芯に近い色合いをしています。成虫の体長は10㎝を超えますが、孵化したての幼虫は2cm程度です。 入口付近に展示し...

こはちゃん カンムリワシ西10-03

みなさん こんにちは 今朝、保護センター近くの水田にウイングマーカーを付けているカンムリワシが出てきていました。 左翼にウイングマーカー(白)、右脚には、くすんだ色をしていますがカラーリング(赤)を付けているので、2010年に小浜島で放鳥した「こはちゃん」です。 こはちゃんは、翌年には西表島へ渡ってきていましたが、その後行方不明に。2018...

イリオモテヤマネコの交通事故を防ごう~県道の草刈り作業~

竹富町地域おこし協力隊の井上です。   竹富町イリオモテヤマネコ保護基金を活用した県道沿いの草刈りを実施しました。 本作業は、9月23日に浦内川展望台から干立集落に向けた約500m、25日には大見謝ロードパークから西ゲーダ橋までの約750m、両日ともに15名ほどで作業を行いました。 草刈り前は歩道が見えないほどに雑草...