スタッフ情報

竹中 康進(たけなか やすのり)

自然保護官(国立公園・世界遺産)

2018年7月に北海道から異動してきました。西表島の気候と動植物の違いに戸惑っていますが、まずは海の綺麗さに感動です!!

北浦 賢次(きたうら けんじ)

自然保護官(希少種・外来生物)

2018年7月に着任しました。西表島にくるまでは、小笠原や奄美大島で外来種対策に従事していました。

光森 康祐(みつもり こうすけ)

自然保護官補佐(国立公園ほか)

主に国立公園の担当をしています。自然環境系の専門学校卒業後、西表島にやってきました。野鳥や昆虫を見ることが好きで、最近は野草の花の写真を撮ることがマイブームです。いわゆるカメラ沼に足を突っ込みそうですが(もうすでに沼の中?!)色々な写真を撮っていきたいと思います。推しメンはクロツラヘラサギさんです。

田中 詩織(たなか しおり)

希少種保護増殖等専門員

2019年7月より着任。ヤマネコの担当をしています。ヤマネコと人がより良く共生していけるように精進します。学生の時は西表でカンムリワシの研究をしていて、ご縁があり再び西表に戻って参りました。堤防から魚を眺めたり、海でシーグラスや貝を探したり、思わぬ生き物との出会いがあったりと、西表には好きなものがたくさん詰まっています。中でも星空は一級品なので来島した際は是非眺めてみてください。

官野 愛(かんの あい)

自然保護官補佐(野生動物ほか)

2020.4~
準備中

上森 沙恵(うえもり さえ)

事務補佐員

 植物好きです。西表島に来て自然のつながりに日々感動。この島の自然がながく続くよう、お手伝いができればいいなと思っています。島内ひょこひょこと出没しますので、気軽に声をかけてください。

新盛 翠(あらもり みどり)

展示解説員

専門知識はありませんが少しずつ勉強して、来館してくれた人が自然に目を向けるお手伝いになればと思っています。

井上 嵩裕(いのうえ たかひろ)

地域おこし協力隊

2019年7月より着任しました。主に竹富町イリオモテヤマネコ保護基金を活用した野生生物の交通事故対策を検討・実施しています。学生時代は西表島網取湾・崎山湾でアオウミガメと海草の研究をしていました。趣味は釣りで、全国を釣り歩いています。

みなさまのご来館をお待ちしております。