お知らせ

※運転注意※カンムリワシなど野生動物の交通事故が多発しています!

7月に入り、西表島で野生動物の事故が続いています。

7月5日21:30頃 
アオバズク 古見集落近く(後良橋)県道

7月9日14:30頃 
カンムリワシ 高那 パイヌマヤより上原側の県道

7月11日22:30頃 
リュウキュウコノハズク 西表製糖工場より豊原側の県道

7月13日10:20頃 
カンムリワシ 西ゲーダ橋から約500m上原側の県道

©︎NPOどうぶつたちの病院 西表

現在治療中の個体や、野生復帰した個体もいますが、カンムリワシは2羽とも死亡してしまいました。

梅雨が明け、猛禽類のエサとなるトカゲたちが活発に活動しています。死亡したカンムリワシの1羽は、死亡地点付近に爬虫類の体の一部が落ちていました。エサを食べている最中に車に轢かれた可能性があります。

西表島で走行する際には、制限速度を守ってください。
生き物を見かけたら、減速してください。

西表島の道路は、集落内も山間部も、いつ動物が出てきてもおかしくない道です。

 

「もしかしたら生き物がいるかもしれない」

そんな気持ちでゆっくりと走行するようお願いします。

もしイリオモテヤマネコやカンムリワシが事故に遭ってしまったり、死亡しているのを見かけた場合には西表自然保護官事務所までご連絡ください。

0980-85-5581(ヤマネコ緊急ダイヤル)

(かんの)