ブログ

外来種「ロシアリクガメ」が保護されました

2月下旬、上原港近くで、
”本来西表島に生息するはずのないカメ”
が保護されました。

どうやら、ペットだったカメが飼い主さんに飼育を放棄されてしまったようです。

一先ず、当センターで保護をしていますが今後は新しい飼い主さんを募集する予定です。

外来種は、在来の種と交雑(まざる)ことで、生態系に重大な影響を及ぼします。
ちなみに、西表島に生息する在来のカメは以下の2種です。

・セマルハコガメ<国指定天然記念物>

・ヤエヤマイシガメ

これ以外の種がもし野外を歩いていたら、ご一報ください。

今回保護された個体については以下のとおりです。

種名:ロシアリクガメ(ヨツユビリクガメ)
性別:オス
年齢:不明

年齢はわかりませんが、恐らく飼育を放棄された後、半年ほど野外で生活をしていたのではないかと思われます。飼育希望の方、また詳細情報をご希望の方は西表野生生物保護センターまでお問い合わせください。

※ロシアリクガメ(ヨツユビリクガメ)の寿命は40年程度と言われています。飼育については、最後まで責任をもってお世話してくださる方にお願いしたいと思っています。