ブログ

2015年 愛鳥週間特別展

510日から愛鳥週間がはじまりました。

愛鳥週間にあわせて、西表野生生物保護センターでは、特別展を開催しています。

 

「西表島の野生動物救護」と題しまして

・センター作成救護bookの展示、

・救護や世話を職員目線で撮影した動画、採餌や放鳥時の様子の動画を上映、

・間近でじっくり観察できる剥製と頭骨の展示、

・羽標本の展示、

などなど、規模は小さいですが西表島の傷病救護について展示しています。

 

 

なかでも特にオススメなのが、動画の上映です。

普段、職員がどのように傷病鳥獣を世話しているのかがわかります。

床敷きを交換、注射、強制給餌などなど、生き物の世話って大変なんです。

 

また、アカショウビンが魚を食べるときに、床に魚を打ち付けている様子は興味深いですし、オオコウモリやツミの採餌はかわいいです。

 

放鳥の様子を見てもらえると、感動的なことは全くなく、あっさり飛び立っていくのがわかります。

お時間があれば、足を止めてぜひご覧ください。

 
(ひな)