ブログ

ズグロミゾゴイが保護されました

 2020年5月24日、西表島の大原集落で、交通事故に遭ったズグロミゾゴイが保護されました。

 レントゲン検査の結果、右羽の橈骨と尺骨を骨折しており、保護治療を行っています。

 発見されたのが朝であったこと、ズグロミゾゴイが夜行性であることから、夜間に事故に遭った可能性があります。

 夜間は見通しが悪く、速度の感覚が鈍くなると言われています。一方で今回のズグロミゾゴイやコウモリ類、イリオモテヤマネコなど、暗い時間帯に活発になる動物は少なくありません。

 

 現在、新型コロナウイルス感染症の影響で島内を訪れる観光客は減り、交通量は減少しています。一方で、道路上で動物たちを見たという目撃報告は多いのが現状です。

 今だけでなくこれからも交通事故が増えないように、人や動物にやさしい運転をお願いします。

(かんの)

目撃情報はこちらから

目撃情報入力フォーム

西表野生生物保護センター 0980-85-5581 10:00-16:00

 

イリオモテヤマネコの交通事故に遭遇したときは
0980-85-5581 24時間受付 (職員手持ちの携帯に転送されます)