島の生きものNEWS

no image

ハヤブサ保護

みなさま 本年もよろしくお願いいたします。 先日、ハヤブサが保護されました。右肩を脱臼しており飛べずに衰弱していたようです。 保護センターへ収容後、脱臼を整復し失った筋力を回復&飛翔できるように現在リハビリ中です。幸いにも食欲は旺盛なので順調に回復できそうです。 (かんとう) 保護中のハヤブサ ...

no image

秋の渡り鳥がやってきています(2018その2)

10月中旬からはサシバが渡ってきています。 保護センターの周囲でも鳴き声が聞こえたり、姿を見かけることがあります。 10月以降に保護センターで確認している渡り鳥※9月の渡り鳥については、前回記事をご覧ください。 ・アカモズ・エゾビタキ・ギンムクドリ・サシバ・チョウゲンボウ・ベニバト サシバ(2017年撮影) (田口) ...

no image

秋の渡り鳥がやってきています(2018)

9月に入り、秋の渡り鳥達が島にやってきています。 保護センターで確認している渡り鳥(50音順) ・アオアシシギ・アカガシラサギ(冬羽)・アマサギ(冬羽)・キセキレイ・クロツラヘラサギ・セイタカシギ・チュウシャクシギ・ツメナガセキレイ・ホオジロ類・ムナグロ(換羽中) キセキレイ セイタカシギ 当センターではイリオモテヤマネコ以外の動植物の情報も集めています。...

no image

ノボタンの花が咲いています

前回はイジュの花の開花をご紹介しましたが、今回はノボタンをご紹介します。 先週あたりから島内の色々なところで花が見られるようになりました。 赤紫色の大きめな花を咲かせるので、注意しているとすぐに見つかると思います。 ノボタンの花 県道から保護センターへ続く坂道にも咲いています。 ぜひご覧になってみて下さい。 (田口) ...

no image

イジュの開花

沖縄地方は昨日、梅雨入りをしたとの気象庁の発表がありました。 八重山で梅雨時期の花といえば、「イジュ」です。 西表では4月末からちらほらと開花が見られましたが、5月になって島の各地で花が咲いているようになりました。 白い花が枝先に集まって咲くので、遠目からでも見つけやすい花です。 ジメジメとした季節ですが、この可愛い花を見つけると嬉しくなります。 雨も島...

no image

外来トカゲの目撃情報求む!!

みなさん こんにちは。  先日のことですが、西表には生息していないトカゲを目撃したとの情報が保護センターに入りました。聞き取りからオーストラリアに生息しているフトアゴヒゲトカゲに似ているようです。おそらくは、ペットの逸出であると考えられますが大型個体は小さなトカゲも食べるため在来種のトカゲ類へも影響があります。  本個体の捕獲を検討していますので、目撃された...

no image

テッポウユリが開花がしています

4月中旬頃から島内の県道沿いでテッポウユリの花が目に付くようになりました。 本州では山で咲いているヤマユリのイメージが強いかと思いますが、このテッポウユリは海岸近くの草地や崖地でもよく見かけます。 4~5月が開花のピークですので、ぜひご覧になってみてください。 過去に撮影したテッポウユリ 当センターではイリオモテヤマネコの目撃情報の以外にも、その他の動植物...

no image

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。 西表には野生のイヌ科動物は生息していませんので、今年もカンムリワシの写真をお届けします。 年末年始の西表は天気が良く、風も穏やかだったため、集落付近や道路沿いでは多くのカンムリワシを見かけました。 青い空を背に飛んでいる姿は何とも格好良かったです。 これからの1年がカンムリワシや島の生きものにとっても良い年でありますように...

no image

ミサゴ放鳥

 昨日、10月末から保護していたミサゴ(幼鳥)をセンター近くの海岸で放鳥しました。※経緯はこちらをご覧ください。  どこからこちらを見ていたのか作業中に付近を縄張りにしている別個体(成鳥)がやってきました。 最初は我々が居たため様子を見ているだけですぐにいなくなりましたが、現場から離れると上空で旋回しながら幼鳥めがけての急降下を繰り返す追い出し行動が始まり...

no image

祝 カンムリワシ西17-03放鳥

みなさん こんにちは。 11月22日にカンムリワシ西17-03を放鳥しました。 箱から勢いよく飛び出す西17-03 近くの木に留まりました 上昇気流にのって大空へ 救護時は瀕死の状態でしたが、放鳥に至れたことを嬉しく思います。西17-03は個体識別するために左足にカラーリング:緑(Xの刻印)を装着しています。西表島内でカラーリングやウィングマーカーを装着して...