ニュース

no image

これからの時期は子ネコの道路出没にご注意を!

近年、イリオモテヤマネコが道路沿いで子育てをしていることが確認されています。 10年、20年前は道路で子ネコを見ることは年に1~2件あるかないかといった程度でしたが、ここ数年は多い年では9組の親子が確認されています。 なぜ道路にでてくるのかというと、移動のために道路を横断するだけではなく、道路でひかれているカエルや鳥などの小動物を食べに出てきています。 沢山...

no image

オオヒキガエル捕まる!!

5月23日に西表野生生物保護センター近くの古見集落内で特定外来生物のオオヒキガエルが捕獲されました。捕まった個体は、メスの成体で体長は約14cm、体重250gの繁殖可能個体です。 今回、捕獲された個体 オオヒキガエルは中南米原産の大型のカエルで、サトウキビ害虫駆除の目的で日本を含む多くの環太平洋諸国に移入され、定着した各地で生態系に被害を引き起こして問題視さ...

no image

ヤマネコの銅像が島内2か所にお披露目されました

イリオモテヤマネコの日である4月15日から、島内2ヶ所にヤマネコの銅像がお披露目されました。 当日は時折雨風が強くなる天気でしたが、ヤマネコ関係者が集まって無事に銅像の除幕式が行われました。西部の除幕式の様子 東部の除幕式の様子 西部はピナイサーラの滝が見える海中道路の緑地帯に、東部は後良川のロードパークに設置されています。 それぞれ銅像のデザインが異なって...

no image

イリオモテヤマネコの日(4/15)に銅像の除幕式を行います

明日の4月15日はイリオモテヤマネコの日だとご存知でしょうか? 当日は竹富町主催でヤマネコの銅像除幕式が西部と東部でそれぞれ実施されます。 お時間のある方はぜひ除幕式にお越しください。 同日は島西部の船浮では音祭りも開催されます。 島内を移動される際には、ついにお披露目されることになるヤマネコ銅像もぜひご覧ください。 イリオモテヤマネコ銅像除幕式 西部会場(...

no image

カンムリワシ展の延長について

【視聴覚室の利用のため、カンムリワシ展を3月4日から中止する予定です】 【再開できるようでしたら、改めてアナウンスさせていただきます】 好評につきカンムリワシ展の開催を延長しています。 3月末ころまで開催予定ですので、ご覧にいらしてくださいね。 カンムリワシの剥製や躍動感ある写真を展示しています。 (田口) ...

no image

やまねこマラソンでヤマネコの交通事故防止をPRしませんか?

明日11日は年に1度の竹富町やまねこマラソンの開催日です。 西表野生生物保護センターでは、マラソン参加者の方でヤマネコの交通事故をPRするためのゼッケンをつけて走ってくださる方を募集しています。 毎年オリジナルのゼッケンを作成していますが、今年は特に自信作!? マラソン大会当日に受付会場となる上原小学校の敷地内で配布しています。 ぜひヤマネコの交通事故防止の...

no image

カンムリワシ展、始めました。

みなさん、こんにちは。本日(2月7日)よりカンムリワシリサーチさん協力のもと保護センター視聴覚室にてカンムリワシ展を開催しています。 カンムリワシの写真を多数、展示しているほかに普段は、ガラス向こうにある剥製を間近で見ることができたりします。近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。 (かんとう) ...

no image

道路に出てくる子ネコにご注意を!!

先月から仲間崎土地改良区入口から古美山橋の間にかけて県道で子どものヤマネコの目撃が多発しています。竹富町自然環境課さんから毎日町内放送での呼びかけも行ってもらっていますので、ご存知の方も多いのではと思います。 中旬の一週間は大げさでなく毎日、場合によっても日に何度も道路に出没していました。 今一番、ヤマネコの交通事故が心配される場所です。 子ネコは車が近づい...

no image

絵画コンクール作品展@西表野生生物保護センター

「イリオモテヤマネコと希少野生動物を守ろう絵画コンクール」の作品展を1月31日まで西表野生生物保護センターの視聴覚室で行っています。 【新盛さん渾身の案内表示】 1月13日まで大原港ターミナルなかまりんでも作品展を行っていましたが、スペースの都合上コンクールの入選作品しか展示していませんでした。しかし、野生生物保護センターの視聴覚室では、全ての応募作品を展示...

no image

今年もよろしくお願いいたします

今年は酉年ということで、西表を代表する鳥としてカンムリワシの写真をご紹介します。 カンムリワシは島の道路沿いで出会う機会の多い鳥です。 一方で森林内に仕掛けたセンサーカメラにもカンムリワシが写ることがあります。 下の写真もそうした内の1枚です。 じつは今知られている以上に森林にも生息している鳥なのかもしれません。 まだまだ生態に未知のことが多いので、今年は...