イリオモテヤマネコNEWS

no image

続【祝・放獣!!】浦内地区に2頭目のヤマネコも放獣しました

7月24日のオスの幼獣に続いて(くわしくはこちらへ)、7月31日に救護飼育していたヤマネコのメスの幼獣を放獣しました。 この個体は5月13日に浦内の集落内に衰弱した子ネコがいるとの連絡が入り、緊急的に保護をした個体です。 保護当時はかなり痩せており、逃げる気力もないほどに弱っていました。 現場で応急処置をし、急いで保護センターに運んで診察・治療を開始したと...

no image

【祝・放獣!!】浦内周辺での放獣ヤマネコの目撃情報募集中です

7月24日(火)に浦内地区にて、救護飼育をしていたヤマネコのオスの幼獣(W-218♂)を放獣しました。 この個体は5月15日に浦内集落内の民家の庭から逃げない子ネコがいるとの連絡を受けて、保護をした個体です。 保護当時は痩せており、尾にはケガをしていました。 保護当時の幼獣W-218♂の様子 NPO動物たちの病院沖縄の獣医師によ...

no image

放獣まで、あと一歩

みなさん こんにちは救護飼育中の仔猫たちですが、治療も終了し野生復帰に向けてのリハビリ期間に入りました。保護してから1か月が経ち両個体とも痩せていた体にも肉がついてきてずっしりとしてきました。 メス(左)保護時535g⇒1265g オス(右)保護時540g⇒1445g(6月17日時点)さて、イリオモテヤマネコは他地域のヤマネコ類と違い食性に偏りがありません...

no image

浦内集落内で子ネコを保護しました

 5月4日のメスの死亡事故から5日後の9日に住吉町道で子ネコ2頭の目撃情報が寄せられて以降、付近で子ネコの目撃情報が多数寄せられるようになりました。 死亡したのは子育て中のメスのヤマネコであったため、当センターではその子ネコを保護するために捜索やセンサーカメラの設置を行っていました。 ただ、事故死したメスネコの子ネコの可能性がある一方で、14日に母ネコと...

no image

高那で衰弱した仔ネコを保護【7月23日】

先月のことになりますが、7月23日の21時50分頃、夜間調査中だった保護センター職員が衰弱した仔ネコを保護しました。 仔ネコは高那の県道にある縁石脇に横たわっていました。 最近、毎日のように現場付近の道路で目撃されていた仔ネコと思われる個体でした。 ※道路で保護をされましたが、その後診察結果などから交通事故には遭っていないことがわかりました。 すぐに「仔ネ...

no image

ヤマネコの行方

前回7月21日に鹿川ビーチクリーン後に調査して以来、約2ヶ月ぶりに鹿川に行き調査を行いました。 今回は9月10日に、南風見田の浜からカヤックで、鹿川を目指しました。 片道約10kmを2時間強、休み無くパドルを漕いで鹿川に到着、電波を探しました。 福田さんに曳航してもらあいながら電波探し中。 (実は、船酔いでグロッキー)  しかし、今回は、見つから...

no image

舟浮で保護されたイリオモテヤマネコについて(6月18日現在地&調査の様子)

  舟浮で野生復帰したヤマネコの最新情報です。 装着した発信機によるラジオテレメトリー追跡調査によって、5月27日に舟浮から鹿川まで移動してきたことがわかり、6月1日、6月13日にも鹿川湾に面した山すそにいることがわかっていました.  これまでの調査は、船を使って鹿川まで行き電波を探査していました。しかし、今回は“クイラ越え”と呼ばれる峠道を通って、鹿川に...

no image

舟浮で保護されたイリオモテヤマネコについて (6月13日現在地)

舟浮で野生復帰したヤマネコの最新情報です。 装着した発信機によるラジオテレメトリー追跡調査によって、5月27日に舟浮から鹿川まで移動してきたことがわかり、6月1日にも鹿川湾に面した山すそにいることがわかっていました。 最新の位置は、・・・   ヤマネコの位置(6月13日)  国土地理院地図 6月13日の調査結果では、鹿川湾の東で電波を受信しました。元気に...

no image

舟浮で保護されたイリオモテヤマネコについて (6月1日現在地)

舟浮で保護されたヤマネコは約1ヶ月の治療を経て 5月17日に無事野生に帰すことができました。 その飼育の様子はこれから徐々にお伝えしていきます。 まずは嬉しい速報です。 装着した発信機によるラジオテレメトリー追跡調査によって、 5月27日になんと鹿川湾に面した山すそまで移動したことがわかりました。 6月1日にも電波をとらえることができ、 この付近にとどまっ...

no image

舟浮で保護されたイリオモテヤマネコについて (回復~リリース)

前回からの続きです。 センターに収容されたヤマネコは順調に回復し、 5月17日に保護場所である舟浮集落の裏山で 再び野生に帰すことが決定しました。 最後の治療では、ヤマネコの各部位の長さを計測したり、 身体の模様を写真に記録したりしました。 頭の幅を計測中(計測のときは鎮静しています) また、野生復帰後の行動を把握するため、 電波発信器付きの首輪を装着...