ブログ

ツダナナフシ 孵化

みなさん こんにちは 保護センターで飼育中のヤエヤマツダナナフシですが、飼育ケース内へそのままにしていた卵が無事に孵りました。現在、成虫の飼育ケース内に幼虫が2匹います。 成虫は全身が緑色ですが、幼虫は黄色の頭部に黒目と体色はアダンの芯に近い色合いをしています。成虫の体長は10㎝を超えますが、孵化したての幼虫は2cm程度です。 入口付近に展示し...

こはちゃん カンムリワシ西10-03

みなさん こんにちは 今朝、保護センター近くの水田にウイングマーカーを付けているカンムリワシが出てきていました。 左翼にウイングマーカー(白)、右脚には、くすんだ色をしていますがカラーリング(赤)を付けているので、2010年に小浜島で放鳥した「こはちゃん」です。 こはちゃんは、翌年には西表島へ渡ってきていましたが、その後行方不明に。2018...

イリオモテヤマネコの交通事故を防ごう~県道の草刈り作業~

竹富町地域おこし協力隊の井上です。   竹富町イリオモテヤマネコ保護基金を活用した県道沿いの草刈りを実施しました。 本作業は、9月23日に浦内川展望台から干立集落に向けた約500m、25日には大見謝ロードパークから西ゲーダ橋までの約750m、両日ともに15名ほどで作業を行いました。 草刈り前は歩道が見えないほどに雑草...

放鳥したカンムリワシを確認

みなさん こんにちは 本日、傷病鳥を引き取りへ行く際、電線にとまっているカンムリワシがいました。よく見ると左足に足輪がついています。黄色に数字の0がついており、今年5月に交通事故に遭い保護し6月に放鳥した西19-03でした。 放鳥から2か月経ってますが元気そうでした。 (かんとう)...

希少種保護に関する普及啓発

みなさん こんにちは 8月6日に大原港、上原港、古見岳登山口、大富遊歩道にて関係機関と合同で来島する観光客や採集者向けに希少種の無意識による持ち出しや密猟、盗掘などを防止するための普及啓発活動を行いました。 当日は、両港で計300枚程度のチラシを配布し大富遊歩道では放置されていた昆虫採集用のトラップを回収しました。 チラシ配布の様子...

HPリニューアル&Facebookアカウント開設

 お気づきの方も多いとは思いますが… 西表野生生物保護センターのHPをリニューアルいたしました♪まだまだ行き届かない点も多いですが、今後内容を充実させていきたいなぁと思っていますので、ご意見・ご感想どしどしお寄せください。またこれに伴い、Facebook(フェイスブック)に当センターのアカウントを開設いたしました。Facebookページには、イリオモテヤマネ...

12月から2月にかけての冬の渡り鳥(2018-19)

12月から2月にかけて、当センターに寄せられた冬の渡り鳥の情報です。今シーズンの冬は暖冬で、時には夏日になる日もありました。例年以上に冬らしくない気候のせいか、例年はよくみられるシロハラをはじめとしたツグミ類の目撃がほとんどありませんでした。一方で春た秋の渡りの時期に西表に立ち寄ることが多いクロウタドリヤやヤツガシラが、1月と2月にそれぞれ観察されています。...

no image

本年もよろしくお願いいたします。

みなさま 本年もよろしくお願いいたします。 昨年は、交通事故が9件発生しヤマネコたちにとって受難の年でした。そのなかで、12月に交通事故で保護された個体は、順調に回復し無事に野生復帰いたしました。交通事故に遭いながらも野生復帰できた個体は2例目です。 冬場になりヤマネコたちも繁殖シーズンに入りました。活発に動き回り道路横断の目撃も増えてきていますので、島内を...

no image

ハヤブサ保護

みなさま 本年もよろしくお願いいたします。先日、ハヤブサが保護されました。右肩を脱臼しており飛べずに衰弱していたようです。保護センターへ収容後、脱臼を整復し失った筋力を回復&飛翔できるように現在リハビリ中です。幸いにも食欲は旺盛なので順調に回復できそうです。(かんとう)  ...

no image

チラシ「ヤマネコに出会ったときのお約束」について

地域の皆さんや観光客の皆さんに向けて、イリオモテヤマネコに出会ったときに守っていただきたい基本的な事柄をチラシにまとめました。 島内在住のデザイナーさんと一緒に、手にとってもらいやすいチラシデザインに仕上げました。 ぜひ一度ご覧ください。 イリオモテヤマネコに出会ったときのお約束   ○食べものをあげない   ○追いかけない   ○子...