ブログ

交通事故からの初めて野生に帰ったイリオモテヤマネコW171(調査結果)

昨年93日に交通事故から初めて野生に帰ったイリオモテヤマネコW171の、ラジオトラッキング調査の結果をお知らせします。

保護の経緯などは、過去の西表野生生物保護センターのブログ※1をご覧ください。

150219AR日記用.jpg

これまでのW171の位置

放獣場所は、事故現場から500mほど南東の放牧場そばの林でした。

W171は、放獣直後から1日まで、放獣場所付近に留まっていました。

その後、W171は、事故現場でもあり以前から目撃のあった付近へ戻ってきました。54日までは、レストランたかなから、パイヌマヤホテル、エコヴィレッジ、パイヌマヤホテル社員寮の付近にいました。

55日以後は、レストランたかなよりも西に、パイヌマヤ社員寮よりも東にいるようになり、行動範囲を広げています。

最も西の位置は1151039分におカンムリ直線の西側で、最も東の位置は1101127分にリサイクルセンターへの分岐付近でした。

これまでの結果から、リサイクルセンター辺りからユツン辺りまでW171が移動していますので、付近を通行する際はくれぐれもご注意ください。

1http://iwcc.seesaa.net/archives/201409-1

IMG_1389.JPG

調査中の福田自然保護官

(ひな)