ブログ

引き続き おばあちゃんヤマネコに注意を!

12月5日のブログでも紹介した、おばあちゃんヤマネコのW-127についての続報です。
相変わらず道路付近での目撃が続いています。
9日も昼間から道路に出てきているとの目撃情報をもらって現場に駆けつけました。
たいていは急行してもすでにヤマネコはいなくなっていることがほとんどです。
それでもヤマネコ注意看板を準備して出発したところ、目撃場所からさほど離れていない道路の真ん中に座り込んでいるのを見つけました。
カラスが周りで騒ぎ立てていました。
目が悪いせいなのか、おばあちゃんだからなのか、ゆっくりした動きで茂みに入っていきました。
その後も注意看板の設置作業中に再び道路に出てきました。
DSCN9944 - コピー.JPG
看板設置作業中に道路に出てきたヤマネコ
(写真中央の黒っぽいものがヤマネコです)
たまたま人は離れたところにいましたが、車が近くに停まっていても気にする様子はありませんでした。
始めに見つけた道路の中央あたりで何かをしきりに気にしていました。
後で現場を確認してみましたが、小動物が轢かれていたわけではありませんでした。
人目にはわかりませんでしたが何か気になる匂いでもあったのかもしれません。
走って追い払ったらやっと茂みの奥に隠れました。
DSCN9946 - コピー.JPG
道路で匂いをかぐように何かを気にしているヤマネコ
しかし、帰りにまた道路際で見かけ、その後も地元の方から目撃情報が入りました。
推測ですが目がよく見えないため、歩きやすい県道に出てきてしまうのではないかと思います。
交通事故にあわないかとても心配です。
保護しないのかというご意見もいただきますが、昨年同じく目の悪かったヤマネコが少なくとも半年間野生で生き抜いていることが確認されています。
W-127はもともと小柄であることを除けば、肉付き・毛ヅヤともに悪くありません。
交通事故にさえ遭わなければ自力で生活できると考えています。
動きがゆっくりであるため、パニックにならなければ車の前に飛び出してくる可能性は低いと思います。
となれば人間側が安全運転をしていれば交通事故は防げるはずです。
交通事故に遭うことなく無事に冬を乗り越えられるように、島内外の皆さんに温かく見守っていただければと思います。
引き続き、島内では安全運転をお願いいたします。
ヤマネコを目撃した場合は早めに保護センターにご連絡をお願いいたします。
ヤマネコ緊急ダイヤルrev.jpg
(田口)