島の生きものNEWS

【祝】交通事故で保護されたカンムリワシ放鳥!!

保護されてから84日。
おそらくカンムリワシにとってもセンターでの治療やリハビリは長かったことでしょう。
このカンムリワシは、道路上で発見されました。交通事故が原因と思われます。
 ・右翼の骨折
 ・尾羽付近の傷(おそらくカラスにつつかれ、傷口が大きく、尾羽が1本もなかった)
 ・真菌症の感染
と様々な症状があり、2ヶ月近く毎日注射を継続していました。
骨折は上手く治り、旋回もできるほどに回復しました。
尾羽付近の傷も縫合し、その後皮膚がきれいに再生、尾羽もしっかり生え揃いました。
生きものの生きる力はすごい!!
kanmuriwashi1.JPG
放鳥の瞬間:NPO法人どうぶつたちの病院沖縄:飯塚獣医師
長期間の治療おつかれさまでした。
kanmuriwashi.JPG
ようやく野生に戻って行ったカンムリワシの幼鳥。
両方の翼付近に、目印となる標識(左:灰色 右:水色)をつけて、その後の状況を見守っています。干立付近でこのカンムリワシを見かけたら、ぜひセンターへ情報を寄せてください。
(早川)