島の生きものNEWS

カニがカニの上に!?

森の中を歩いていると、一瞬頭の中が「???」となる不思議な光景を見ました。
カニがカニの上にいる!?
なんだこれ??
じっくり見ても、2匹のカニは動かずがっちりと離れません。
近くには巣穴もありました。
「・・・これはたぶんオスとメスで、交尾をしていたんだろう。後で調べてみよう」
と、とりあえず写真を撮りました。
okagani_koubi.jpg
上のハサミの大きいのがオス、下がメス
「そういえば、カニの交尾ってどう行われるのか考えたこともなかったなあ」と
後で調べてみると、まさしくカニの交尾の様子だったようです。
カニの生殖器はオスガニ・メスガニともに腹節内側の胸部に存在しているため、
交接の際には、オスメスそれぞれのカニが互いの胸部をぴったりと密着させるそうです。
満月前後の夜の満潮時間にあわせて、海岸に向かっている姿をよく見かけていたオカガニ。
昨年は産卵の様子を見に行きましたが、今回新たな一面を見ることができました。
あらためて「道路を渡るカニをひかないよう注意してね~」と思いました。
(早川)