島の生きものNEWS

自由に飛んで元気で!

5月1日のブログで紹介した交通事故で片目になってしまったリュウキュウコノハズクのその後の報告です。
センターで1ヶ月ほどリハビリを行い、片目でも確実に枝や木の棒にとまれるようになってきたので、自力で生きていける可能性を信じて、保護した場所の近くで、森と田んぼがあって環境のよい場所で放鳥しました。
箱から出すと、しばらく木の枝でじっとしていましたが、力強く森の方へ羽ばたいて行きました。
自然界は厳しいと思いますが、自然の中で自由に飛び回り、元気に生きていってもらいたいなと思います。
また、今回のリハビリ中には、ヤマネコやカンムリワシなどが道路に出てきたり、車にひかれた生きものを捕まえにくる理由を実体験した気がします。
リュウキュウコノハズクのエサのため、センター職員がバッタやカエルなどをつかまえていましたが、まるで親鳥になったかのように必死で捕まえ(スピード感が重要!)、野生動物のエサを捕まえる苦労を体感しました。
やっぱり道路に出てきている生きものは障害物がなくて捕まえやすい!
そのため野生生物が交通事故にあってしまうことが多いのだなとよ~くわかりました。
(早川)


houcyuou1.JPG


houcyou2.JPG