島の生きものNEWS

島のパークボランティア

今回は島の生きもの!?(人間ですが・・・)の紹介です。
西表石垣国立公園には環境省が認定した『パークボランティア』さんが51名います(平成24年4月現在)。
*正式名称:西表石垣国立公園パークボランティア
観察会での自然解説や、自然公園での適正な利用指導を行い、地域の自然に対する理解を深めたり、自然を大切にする心を育み、八重山地域の自然環境の保全につながることを目的に活動しています。
干潟観察会、海の自然教室、サシバの森の観察会、イリオモテヤマネコ注意標識清掃、イリオモテヤマネコ観察会、特定外来生物の駆除(オオヒキガエルなど)、コーラルウォッチ、海岸清掃、野生生物の保護管理など、西表石垣ならではの特徴ある活動に協力してもらっています。
早速4月13日にパークボランティア総会が行われ、今年度の活動計画が話し合われました。今後ボランティアの皆さんと一緒に、様々な活動を行えるのを楽しみにしています。
pvsoukai.JPG


4月13日の総会後の懇親会の様子

(早川)